上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日曜日、久しぶりに屋台のラーメン屋さんに来てもらいました。

最初の頃は食後、もしくは小腹が空いた時に食べていたのですが、
最近では本格的な夕食として食べる機会が多くなり、ラーメンを一つ
ではなく、三つ頼んでいます。

しかしながら、我が家にはラーメン用のどんぶりが一つしか無い為、
残り二つは使い捨ての容器に入れてもらっていました。

その為なのか、いつものように一つだけどんぶりを持って行き、三つ
頼んだところ、屋台のおじさんがおもむろに車の助手席から袋を
取り出し、「好きなの二つ選びな!」と、袋の中にはラーメンのどんぶりが
4つほど入っていました。
「好きなの二つって言ったってみんな同じどんぶりじゃん」と思いながらも
二つ選び、「ありがとうございます」と。

「なんていいおじさんなんだ」と、おじさんの優しさに感激しながら
おいしく頂かせてもらいました。

続々・ラーメン屋さん
2018.10.15 Mon l ひとりごと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hirogahaku.blog105.fc2.com/tb.php/248-9c8c3dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。